営業マンのしつこさがイメージ強い

不動産会社野営業マンはしつこいイメージがありませんか。 確かにしつこい事例もあります。 例えば投資用のマンションの資料請求をした結果頻繁に電話がかかってくるようになり、買うように催促されることもあるのです。 また家を購入する場合でも自分の思うような物件が無かった場合でも別の物件を勧めてくることもあります。 ただ物件を求めている人のみに営業をするのであり、求めて無い人にはすることはありません。 物件は元々間に合っている人にとっては不用なものだからです。 求めていない人にいくら優れた営業マンが営業したところで購入したり借りてくれることはありません。 ですのでもしも営業マンのしつこい営業が嫌いであれば資料請求をする時には気を付けたほうがいいでしょう。 ある程度不動産会社や販売会社の口コミについて調べてからにするのがおすすめです。 もしもしつこいと評判になっているのであれやめてください。 ただ営業マンの最近お傾向としては問題になるほどしつこく迫るということはないのです。 しつこくしますとネットで悪い評判が出回ってしまいます。 もちろん一度は営業の電話がかかってきますがその時に断れば二度とかかってくることはないのです。 はっきりと断る人にはいくらセールスをしてもムダなことを知っています。 もしもそれでも営業マンがしつこく迫ってくるようでしたら着信拒否をするのがいいでしょう。 別の電話番号からかかってくることもありますがそのような事は少ないので安心してください。 もしも無理に迫られて契約をしてしまった場合にはそれを取り消すことも不可能ではありません。 緊急の時には弁護士などに頼むのがいいでしょう。 取り消しの手続きの代行をしてもらえます。 買うつもりが無いのであればはっきりと断ることが大事です。今は忙しいからなどとあやふやな答え方をしてしまいますとスキを突かれてしまいます。また電話がかかってくるのです。 押しに弱いと判断されてしまうので注意してください。

先入観をもつのは

不動産会社を利用して物件探しをすることは一般的です。賃貸を借りる場合でもやはり不動産を利用して様々な物件情報を紹介してもらうものですが、不動産の営業の実態というのを少なからず知っておきたいところです。物件を・・続き