不動産系の資格を持っている話を

不動産会社の社員は不動産仲介業を行ないます。 今回は賃貸に関してお話ししてみましょう。 賃貸の場合、物件を探しに来たお客がお店に訪れると担当者が接客対応をしますが、希望の物件などを聞かれます。 不動産系の資格で業者が必要なものとして宅建の資格があります。 宅建は宅地建物取引主任者「宅地建物取引士」と言い、その名の通り宅地や建物となる不動産売買の際や賃貸借仲介の際に契約成立までの流れで、重要事項の説明等を行う不動産取引の当事者間の仲介を行い、その仕事で手数料収入を得る目的で仕事をしています。 不動産系のライセンスである宅建は、仕事の拠点となる都道府県にて、宅建試験を受け、これに合格すると、同都道府県知事により資格登録を受け、宅地建物取引主任者証が交付されます。 不動産系のライセンスにはその他にも色々なものがありますが、難易度としてはそれほど難しいものではありませんが、法改正により複雑化し、民間からの受験者の合格率が低下してきています。