優良な企業もあるとは

皆さんが不動産物件を購入する際や、賃貸物件として紹介を受ける際に、仲介業を行うのが不動産会社です。 不動産売買の際や賃貸の際に契約書を作成し、各種仲介を行うことで手数料収入を得てビジネスをしています。 優良な不動産企業を選ぶには、どのポイントに注目したらよいのか説明します。 不動産業者は、手数料収入が売買金額や家賃に比例して、家賃や売買高が高ければ、手数料収入も上がりますので、高い物件の力が入ります。 不動産業者は、売る側と買う側、貸す側と借りる側の両方(甲と乙)との両社から利益を得ます。 不動産業者は、自身のリスクがありませんので薄利多売でも十分儲けが出ます。 売る人や貸す人の物件を利用し手数料とし、また借りる人や買う人の仲介を行うことで、双方から利益を得て自身の仕入れや投資は行わず、他人の物件を利用してビジネスとしています。 現在は、不動産物件探しは主にインターネット検索によるもので、地域での個人不動産業者と大手チェーン展開をする業者とでは、手数料やサービスの差があるため、個人の不動産業者の経営が難しくなっています。 インターネットで紹介される大手の不動産業者の場合、賃貸を例に考えてみれば、敷金や礼金などの優遇をして契約者負担を少なくすることで利用者獲得を目論む企業が多いです。 10万円の家賃で、保証金3か月、礼金1か月であれば、仲介手数料を1か月が加算されれ、総額で60万円の初期費用が掛かります。 保証金は家賃の保証として、礼金は大家さんに、家賃は利用料として、仲介手数料は紹介料及び契約書作成などの費用となるでしょう。 しかし、保証金は退去時などに何かと理由を付けて回収され、仲介料は利益として回収され、礼金は大家さんに行かず大家さんへの紹介料として業者に回収され、家賃の一部が管理費として回収され、60万円の多くの費用を不動産業者が回収します。 この費用はすべて、入居者から出ており、優良企業であれば、初期費用と家賃を抑えた入居を可能にしてくれる業者が良いとされます。 手数料無料と大きく掲げる業者にあまり優良な企業はありません。 手数料で生計を立てる不動産業者が無料でビジネスを行うことは無いため、大家さんから回収しており、その費用はすべて借主から出ています。 優良な会社であれば、貸主と借主に対して優良でなければいけません。 街で個人で営む業者が親身になってくれ、優良な会社が多いでしょう。

一つの企業が業界全体をも

ブラック業界と呼ばれる内の一つが不動産業界です。ブラックと揶揄される事が多い業界ですが、その理由としては過酷な労働実態を課している企業が・・続き