一つの企業が業界全体をも

ブラック業界と呼ばれる内の一つが不動産業界です。ブラックと揶揄される事が多い業界ですが、その理由としては過酷な労働実態を課している企業が存在するからです。例えば一日に何件も法人や個人宅を回る必要があったり、多くのテレアポを取る、早朝出勤そして夜遅くの帰宅など、こういった業務が長く続く事もあり、離職をするケースも多いようです。新入社員で入った内、3年以内で離職をする割合が50%を超える企業もあると言われていますので、それだけ長く居続けられる方が少ない業界と言えます。 ただし、こういったブラックなのは業界全体から見ると一部という声もあります。どこでも同じような労働環境では業界が衰退してしまいますので、中には世間の評判ほど悪くない企業もあると言えます。しかしながら、ブラックの要素がある場合ですと何かとクローズアップされてしまいますし、さも業界全体の話であるかのように見られてしまいます。その為、例えば就職活動を行う際には業界単位で見るのではなく、企業単位で良し悪しを見極めるようにする事が大切です。